家の中をリフォームしたいということは誰にでもあるです。

暮らし始めた時はその住宅が良くても、一定年数が経てば家庭の内容も変わってきます。例えば、お子さんが独立して、家に住む家族が少なくなるという事もあります。

一方で、親御さんと一緒に住み始めるなど、家族が増えるという事も考えられるわけです。

上記のような場合には、内装リフォームで対応可能です。

福岡市では、馬渡ホームという建設会社がリフォームを行っています。

その馬渡ホームですが、数多くの内装リフォームに対応しています。様々な施工をしてきました。

お客様からの要望で始めた工事もあります。

その一つが畳ベッドです。

湯粟原会ベッドではなく畳の固さを特色にしたベッドです。

価格は50,000円からとなっています。

また、一般的な内装リフォームですが、玄関の手すりの取り付けがあります。
ご家族の方で少し身体が高齢で弱ってきてしまった方がいる場合には、そういったものが大いに役立ちます。
そのようなこまごまとした内装リフォームも馬渡ホームは請け負っています。
工事期間も半日程度などの、家につて一時的に住めなくなるという事もありません。

他の内装フォームの施工例ですが、馬渡ホームでは雨漏り工事とクロス張り替えという比較的大きなものも対応しています。
家についても平年劣化で雨漏りをしてきtれしまうことがあります。
早めにリフォームをして対処したほうが家は長持ちします。
雨漏りを止めるためにまずは排水箇所をリフォームします。
雨漏りですので、クロスについても悪い影響が出ていますので、張り替えというリフォームを行います。

馬渡ホームではここ紹介したもの以外のものも取り扱っています。
まずは相談をして、希望する内装リフォームができるのかを確かめてはいかがでしょう。