私は賃貸アパートを経営しています。もともと水田だったんですが、周りに住宅が建ち始めたので、アパートを経営しても経営が成り立つと判断して始めました。

建設したのは今から3年ほど前、1LDKが5部屋2LDKが5部屋の計10部屋です。かかった費用は1億円です。30年ローンを組みました。土地建物は親名義なので、アパート経営で相続税の節税も兼ねています。

借金は出来るだけ作りたくないので、アパートも建てたくなかったんですが、の営業マンが自宅に訪ねてきて、話を聞いているうちに心が傾いてきました。知り合いにも同じハウスメーカーでアパートを経営している人がいるんで、その人の意見も参考にしました。

このアパートは30年一括契約なので、すべてハウスメーカー子会社の不動産管理会社が手続きなどは行ってくれます。

幸いなことに現在は満室です。何回か入れ替わりがありましたが、すぐに次の居住者が決まります。近くにもアパートがありますが、そこは空き部屋があるので、不動産会社の営業力には感謝しています。

ただ心配事は最近同じようなアパートが急増していることです。賃貸アパアート専門の大東建託が「これでもか」というくらい建設しています。家賃相場も下がるし正直やめて欲しいです。

また30年一括契約といっても2年に1回契約更新があり、入居状況によって賃料は変動します。なので契約するときは注意が必要です。

アパート経営はリスクが大きいと思います。30年先まで入居者がいるかわかりませんから。

当然大手のハウスメーカーはそのあたりの予測をして営業に来るわけですが、そうではない会社もありまので、いろいろな業者に相談することをおすすめします。