» キャンプ、アウトドアのブログ記事

私の家族は3人家族で、現在6歳になる娘がいます。

去年の夏、ちょうど小学校に上がりたての最初の夏休みのことですが、どこか遊びに行きたいとせがまれました。

どこかに遊びに行きたい、と言われてのは初めてで、やっぱり小学生になると違うなあと感じました。

今まで休日の日にはショッピングセンターで買い物したり、遊園地に行ったりと結構普通の過ごし方をしていたので、今回は娘の思い出作りのためにちょっと変わった過ごし方をしてみようと考えました。

とはいえ、最近、戸建ての住宅を買ったので、あまりレジャー費を出したくないという気持ちはありました。月々に頑張って出せるレジャー費というのは一万円が上限です。

そこで、なるべく自宅の近くで安くなにか楽しめるようなところはないかと、インターネットで検索したところ近くに山村都市交流の森という森林公園があるのがわかりました。

他にも北宇津狭公園、釣りとキャンプで有名な朽木渓流魚センターも候補に上がりましたが、こちらのほうが近かったのでこちらを選びました。

妻もこのことを話すと、BBQなんて学生の頃以来ね!と喜んで承諾してくれました。

妻の承諾も得た所で、早速予約をしてBBQに必要な道具をホームセンターに買いに行きました。

当日、天気にも恵まれ平日に会社の休みをとったことで渋滞も避けることができ、40分くらいで現地につくことが出来ました。

山村都市交流の森はとても自然が豊かな所で、あゆの時期には、その時にとれたあゆが振舞われるそうです。私の娘も大喜びで、川遊びや遊具遊びなど普段やれないような遊びを精一杯かけずり回っていました。

娘も妻もたいへん満足そうで、来てよかったなあとつくづく思った次第です。こんなに喜んでくれるのなら、また来てもいいと思いました。

もしお子さんがおられる方で京都近郊にお住まいの方であれば、山村都市交流の森はとてもおすすめできる場所だと思います。